1. アメコミ感想文

    Original Sin #6
    大体のあらすじ:
    インフィニティ・フォーミュラの効果を失い急激に老化してしまったフューリーは、自分の代わりに地球を守れる者を探していた。フューリーの人工衛星基地に集められたメンバーはその候補者達だったのだ(ただしロケットラクーンは除く)
    しかし、フューリーの目的はそれだけではないらしい。フューリーはバッキーからウォッチャーの目を奪い、その秘密を解放させようと基地の奥へと身を隠した。
    理解不能なフューリーの行動に戸惑うメンバー達は、力尽くでフューリーを止めようとする。そこへついにキャップ達アベンジャーズが到着。
    LMD軍団との大乱闘の最中、目の力を解放させたフューリーは、強化アーマーを纏って姿を現した。
    一方その頃、Dr.ミダスとその娘エクスターミネトリックスは、マインドレス・ワン達を連れて月へ逃亡を図っていた。

    感想:
    ああ、それでバッキーが後を継ぐのかぁ…と、10月からのバッキーのオンゴーイングのニュースを見てしまった私は思いました。まる。
    イルミナティのくせに、いやいやーそんな秘密の任務なんていらないじゃーん!今まで通り、我々の正義貫こ☆とか言うDr.ストレンジにちょっと引っかかりました(悪意ある意訳です)
    Dr.ミダスの能力良いですね。名前の読みがわからなくて調べたら、能力や名前は神話が元なんですね。
    私も身の回りの物を♡ゴールド♡に変えて小銭を稼ぎたい…。
    で、一応まだ確定ではないですが、バッキーはああいう役割似合うので良いと思います。ありとあらゆる世界で酷い目にあってもらいたいですね。
    新連載に関するニュースというかインタビューでは、007のような渋めのスパイ物やこてこてパルプフィクションのテイストを…とか言ってた気がしますが、個人的には(いつも)コメディが欲しいです。
    バッキー氏には体を張ってギャグやって欲しいですね。宇宙怪物に食われるとか。

    検索タグ #アメコミ感想文
     

  2. アメコミ感想文その3

    Avengers vol.5 #32
    あらすじ:
    社長の裏切りを追求しに、キャップ達アベンジャーズは社長のラボへやって来た。
    そこに消えたはずのタイムジェムが突如現れ、アベンジャーズ達を未来の世界へ飛ばしてしまった。
    3回目のタイムスリップでは、キャップ、ウィドウ、スターブランド達が約5千年後の未来へ飛ばされた。
    三人が着いた先は庭園のように緑豊かなロケットの上、そしてそこにいたのはリードの息子、フランクリン・リチャーズを名乗る男だった。
    約5千年後の未来では大勢の人類が太陽系の外で暮らし、宇宙の秩序はアベンジャーズ・ユニバースを中心に、機械の”アベンジャーズ”達によって保たれていた。
    フランクリンに促されるまま、キャップは以前自分がガントレットの力で衝突を回避させた惑星が過去に転送される場面を目撃する。
    キャップはフランクリンにどうすればイルミナティを止め、未来を変えることが出来るのかと問うが、フランクリンは意味深げなことを言うばかり。それどころか、将来何もかもが死に絶えると不吉なことを話しだす。
    多くの謎を残したまま、4度目のタイムスリップが起こるのだった。

    感想:
    オリジナル・シンのタイイン回から読み始めました。
    とりあえず、異世界同士が衝突しそう〜インフィニティガントレットとジェム崩壊&消失〜キャップ記憶消去〜記憶復活〜社長ラボにカチコミ〜という大雑把な流れだけ把握してます。
    結局イルミナティにも衝突は防げないし、未来はこんな状態、どうなるキャップ…!?という感じなんでしょうか。
    キャップも忙しいですね…時間の流れ的にこの後ジジイ化ですよね。大変ですね。
    スターブランド君の存在はアベンジャーズ誌読んで初めて知りました…。vol.5…とりあえずMUで読める部分から追いかけようかなぁ。
    私には難しい単語がいっぱいで、辞書を引き引き読んだんですが、フランクリンのセリフがほとんど理解できてないので…細かい内容は誰か教えてくださいって感じです(^o^)マジで。
    この感想文とあらすじはそんな状態で書かれているので、真実を知りたい方は是非漫画を買って読んでください(販促活動)
    感想文書くとアホなのがばれてしまうので恥ずかしいですね…!

    検索タグ #アメコミ感想文
     

  3. アメコミ感想文その2

    ALL-NEW INVADERS #7
    大雑把なあらすじ:
    なぜ広島や長崎に原爆が落とされてしまったのか、詳しいネタばらし編。
    日本軍の艦隊を一網打尽にする大津波攻撃計画。しかし攻撃範囲には民間人が暮らす島も含まれているため、多くの犠牲者が出てしまうことは必至。
    それに反対したゴールデンガールをはじめとするキッドコマンドーズのメンバー達は、力尽くで計画を中止させようとインベーダーズに立ち向かった。
    キッドコマンドーズの奮闘の末、ついに攻撃は中止された。しかしこの行動が、逆に原爆投下という悲劇を招いてしまう。
    津波攻撃の代わりに、アメリカ軍上層部は広島と長崎への原爆攻撃を決定したのだった。
    この事実を知ったリョーコは感情を抑えきれずSHIELDの施設を爆破させてしまったが、リョーコの良心によって幸いにも犠牲者は一人もいなかった。
    ジム・ハモンドはリョーコの代わりに爆発の責任を負い、リョーコのラディアンスとしてのヒーロー活動を応援することにしたのだった。

    感想:
    原爆投下前にスティーブ・ロジャースが凍ってて本当に良かったなあ…と思いました。
    ベイビーキャップとか呼ばれるウィリアム・ナスランドさんが、良い感じに頼りない扱いされてて可愛かったです。
    やはりキャップはスティーブ・ロジャースでなければ…(原理主義者)
    そして今更ですが、オールニュー・インベーダーズはヒューマントーチだいしゅき漫画ですね。
    人間味たっぷりのアンドロイドという設定は熱いですね。人間とは…機械との違いは…みたいなことをボンヤリやってくれるんでしょうか…?そういうの好きなので期待しちゃいます。
    リョーコさんの話全然してなかった。ツインテールがキツイお年頃ですね。
    終盤塗りミスのせいで意味不明になってるコマがあってちょっと笑いました。単行本修正とか無いんでしょうね…このままTPBになると思うと…エヘヘ…w
    英語も日本語も下手くそな上、時間が前後する構成なので、上手にあらすじが書けませんでした。みなさん是非買って読んでくださいね〜ん。

    検索タグ #アメコミ感想文
     

  4. アメコミ感想文

    遅くなっちゃいましたが先週の新刊の感想文です。
    長いので別個で記事書きます( ^ω^ )

    Winter Soldier the Bitter March #5
    大雑把なあらすじ:
    ハイドラの追手から元ナチスの科学者ミラ・ヒッツィグ博士を助け出したラン・シェンは、記憶を一部取り戻したウィンターソルジャーと協力して、博士をソビエトやアメリカからも自由にしようと計画し潜伏していた。しかしついにソビエト兵に隠れ家が見つかってしまう。
    ウィンターソルジャーは味方のふりをして敵のヘリを奪い、博士を安全な場所へ運ぶことを提案し、ラン・シェンもそれに同意した。
    ウィンターソルジャーとミラ博士が乗ったヘリが飛び立つのを見ながら、ラン・シェンはソビエト兵に単身で立ち向かう。
    しかし多勢に無勢、ボロボロになったラン・シェンに止めが刺される…という瞬間、ニック・フューリーが助けにやって来た。
    事情を知らないフューリーは任務を全うすべく、博士が乗ったヘリを撃墜してしまう。
    ミラ博士は死亡。SHIELDに戻ったラン・シェンは共産主義へのスパイとして中国へ送られ、任務に失敗したウィンターソルジャーは再び記憶を消され、意思を持たない暗殺マシンに戻ってしまった。

    感想:
    あぁ^〜救われない…。
    ウィンターソルジャーっていうか、アイアンネイルのオリジン話という感じでしたね。
    SHIELDエージェントのラン・シェンはめっちゃ良い奴だったので、ヴィランになってしまったのが残念です。そしてどうせヴィランになるならあるある似非チャイニーズっぽいデザインじゃなくて、もっと渋い感じでも良かったのでは…なんて思ったり…変身後は特撮怪人みたいだし…。
    同じリメンダー先生のお話なのにキャップ誌とはずいぶん印象が違いますね。
    バッキーも悲しいですね。でもこのお話のバッキーは全体的に良い子だったし、最終的には記憶が戻って今に至る…ので安心感がありました。
    バッキーの作画が全体的に不細工だったのが個人的にツボでした(褒めてます)
    ちょっと汚らしい方が良いんですよ…。

    検索タグ #アメコミ感想文
     
  5. color palette challenge (#26)

    検索タグ #らくがき
     
  6. Color palette challenge!
    Bucky goes into space… (#10)

    検索タグ #らくがき
     
  7. Happy 4th of July❤

    Captain America #104 より、レッドスカルと愉快な仲間達がお祝いします。

    検索タグ #らくがき
     

  8. アメコミ感想文

    いつもツイッターで感想をつぶやいているのですが、ブログに書いた方がログも見やすいので今回から始めてみました。

    Captain America vol.7 #22
    ふざけたあらすじメモ:
    SHIELDの超ロボット・グングニルを破壊してアイアンネイルを倒したキャップ。しかしアイアンネイルに超人血清のパワーを吸い取られ、キャップは老人になってしまった。(ここまで#21)
    既に満身創痍なキャップに追い打ちをかけるように世論はキャップバッシングムード。SHIELDはキャップの言うことを聞かずグングニルを修理してるし、サムとジェットは酒の勢いでメイクラヴ。
    そしてあっさりゾラ復活。ディメンションZのゾラ軍団が地球に攻め込んでくる。ゾラとレッドスカルと愉快な仲間達は何かを企んでいる様子。
    戦闘不能のキャップを置いて、社長・ソー・ハルク達は、アベンジャーズマンションに侵入してきたゾラの刺客を倒しに向かう。

    ふざけた感想:
    四面楚歌なキャップかわいそう…。
    SHIELDが言うこときかねーのは前からなので想定内ですが、まさかマーベル世界の良心サムが…。
    そして相変わらずジェットのキャラがよくわかりません。世俗に興味なし、正義とは、悪とは…と悩むシリアスな探求者かな?と思ってました。
    この二人がくっついちゃうと、ますますキャップが孤立してしまいそうで心配です。
    ちょっと希望があるかなと思うのは、イアン君再登場ですね。ディメンションZと地球が繋がったので、もしかして…?という期待があります。
    あのあやしいゾラの刺客…?違うか…?まだ…?よくわからないです。
    ただディメンションZと地球の時間の流れが違うので、イアン君生きてるのかなぁ?という疑問も。
    まあゾラの息子ですし、何か凄い仕掛けがあっても無くても生きてそうです。
    キャップ厨なので、はやくキャップが血清を取り戻して戦うシーンが見たいです…(つД`)

    ===

    Original Sin #5
    ふざけたあらすじメモ:
    フューリーのネタばらし。
    なんとニック・フューリーはあらゆる脅威から地球を守る孤独なヒーローだったのだ…!
    仲間だったハワード・スタークの死後は自分以外の誰も信じず、誰にも知られず、自分のLMDを部下として活動を続けていたのだ…!!
    しかしウォッチャーだけは、フューリーの秘密の活動を見ていたのだった…!!!

    ふざけた感想:
    フューリー忙しいな…。色々使いやすそうなキャラですが、こんな凄い設定までついちゃって大丈夫なんでしょうか?
    フューリー一人でアベンジャーズ分の働きしてますよね…それだけ割り切って冷酷に任務を遂行出来るのがニック・フューリーという漢なのさ…という事なんでしょうか…。
    もっと細かいネタバラシや、ウォッチャー殺害の謎は次号へ続く…という感じなので楽しみです。
    予想のど真ん中を力任せにぶち抜かれるようなストーリーで、今の所かなり楽しんでます(^∇^)

    ===

    今後も気が向いたらこんな感じで感想文?を書こうと思います。
    私の英語力はそこそこ…レベルなので、もし間違っている部分があったら是非教えてください(^O^)

    検索タグ #アメコミ感想文